200レベ量産マンって装備どうしてんの?教えろください。

  • 2017/05/19 12:00
  • Category: 雑記
こんにちは。将棋名人戦は天彦名人の勝利で2-2のタイに。俄然面白くなってきました。実力伯仲の両者だけに第5局以降も激戦を期待しています。どうも忍びの者です。

さてメイプル。ビヨンドといわれる大型のアップデートが来ることで、レベルの高いキャラクターが沢山いると色々と幸せになれそう。ということで周りの友達もサブキャラの育成に躍起になっているようです。


DACML5XUQAAa78u.jpg
レース速報:水曜日23時後。これはわんちゃん1位ある。


私はといえばご存知のように斬りの200レベを目指しながらまったり育成中。同時進行で140レベ以下のキャラを少しずつですがジャクムに通っていく感じです。

ユニオンだかなんだか知りませんがとにかく200レベを作ると良いことがあるようです。リンクスキル3の210レベは後々考えるとして徐々に200レベキャラを増やしていきたい。そんなところ。


8sinden.jpg


んで、斬りを育成してて思ったんですが、みなさんサブキャラの装備ってどうしてますか?使い回し?1体1体作ってる?フリマで買うとかもありそうですよね。

というのも120までなら装備なんか適当な武器に100%強化しとけばそれでよかったんですが、200までとなると最低でも狩りに困らないくらいの火力が無いと育成がわりとつらい。


・シグナス武器(70%埋め
・ラヴァナイフ(なんか適当なA強化品
・150頭/ティラピト上下/フェンサマント・靴(70%埋め
・シルブロ/マグ肩(70%埋め
・マグバッジ/アフターランドトーテム
・上級ベルト/ペンダント(未強化



斬りの装備はざっくり↑+αって感じで、上記箇所にはメインステ6%~9%がついてて星は5なんだけどタソぺりの切り株が2確・・・・・。斬りだから2確の狩りがストレスってのはあると思うけどちょっと弱い。

頭に来たので上級4セットを強化して与えてみようかなと思ってるところ。でもサブつくるたびに上級セット作るのはちょっと上級書がもったいないなとも思ったり。

ヘルヴェラをラスキルできるところまで火力を伸ばしておく意味はないことはないけど、それは200レベ量産という意味での育成とはまた違う話だし。あれ?でもちょっと待って。

ゴリゴリ200レベを量産してる人を結構見かけるんだけど、よくよく考えたら「200を量産してるやつ」がおかしいのであって、廃人の分野に手を出そうとすればつらいこともあるのは当然かと今思った。

あぁ。マジで今気づいちゃったわ。200レベ量産してるほうが若干頭おかしい。これがFAでいいんだな?火力が無いと狩りが・・・なんて言ってる私みたいなのは量産する資格すらもたないと。

200レベを量産するようなメイプラーはその程度の装備なんぞ用意できるのが普通ということなんだ。なるほどー。これは納得の答え。自己完結しました。ありがとうございました。

しかし少々つらくとも私もがんばろうと思います。特につらいのは180レベからなのでそこら辺もうちょい考えてみたいです。それではまた。


こうなったら・・・。
スポンサーサイト

Pagination

Comment

匿名のてん

量産はしてないけど、140フェンサリルに痕跡30を適当に貼ったやつで200にしてるよ!
トーテムとか羽とかはとってるけど!
  • URL
  • 2017/05/19 19:02

bonanza6.0強いですよね・・・
将棋所使うとryzenの16コア100%フル稼働になるのには驚きましたけどw
  • URL
  • 2017/05/20 10:13

匿名の忍者

てんちゃん>コメあり!なるほど!羽はだるすぎるけどトーテムは取っていくつもり。ヴェラッドビジネスが熱いのでラスキル出来る火力があって損はないんだけど装備揃えるのはわりと大変だよね~・・・。
  • URL
  • 2017/05/20 13:35

匿名の忍者

名無しさん>まさか将棋に喰いついてくれる人がいるとは(笑)ソフトは恐ろしく強いですね。私が使ってるのはちょっと古い激指先生だけど歯が立ちませんwwww天彦名人がワンパン入れてくれるのを期待してます~!
  • URL
  • 2017/05/20 13:36

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

匿名の忍者

Author:匿名の忍者
210Lv(2016/8/28)→
220Lv(2017/1/30)
ある事情で匿名でブログをすることに。気が付く人は気が付くでしょう。だが詮索はするな。そして誰にも言うな。


アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR